メニュー

注意事項・禁忌事項

Pelanburでは、お客様に安心してエステを受けていただくことを最優先に考え、以下の項目に関し当日の施術をお断りさせていただく場合がございます。
また、体調不良、発熱時、極度の過労及び日常と著しく異なった症状の場合もトラブルを起こしやすいためご遠慮いただいております。

以下に該当される場合は、エステセラピストにご相談いただきますようお願い申し上げます。


  • 循環器系障害
  • 腎臓病
  • 感染症
  • 皮膚の障害(アトピー性皮膚炎・湿疹・かゆみ・)
  • 炎症のある方(ニキビ・日焼け・やけど)
  • 妊娠中の方(刺激が強いため)
  • マタニティエステは妊娠20週以降〜臨月までの医師の診断、許可を受けた方のみとさせていただきます。
  • 心臓の障害(心臓に障害のある方血流を促すことで、心臓に負担がかかるため)
  • 静脈瘤(マッサージ全般が禁忌です)
  • 高血圧
  • 急性喘息
  • 急性膀胱炎
  • リウマチ・関節炎

糖尿病の方には石の温度をやや低めにして、圧も弱めで行います。

医師による治療を受けている方は必ず医師への確認をしてください。

エステ中の安全性を高めるため、お手入れの時はコンタクトレンズを外していただきますようお願いしております。
ケースや保存液をお忘れになった場合は、目元のケアを行うことができなくなりますので、ご了承ください。

PAGE TOP